FC2ブログ

棄てられた民:満州開拓団

拓魂碑



今年もまたお盆の帰省ラッシュのニュースが始まった。

8月15日は正午に黙とうして先の戦争で亡くなった方々に黙とう
をささげる。私にとって毎年の恒例行事だ。

この日、私にはもう一つの行事がある。
それは山形市内の千歳山霊苑にある「拓魂碑」の早朝清掃である。

「拓魂碑」は、満州開拓団および満蒙開拓義勇隊の方々が、満州に
散った同志と無残になくなった家族を慰霊するために、関係者が
自力で建立した。

立派な石碑だ。


建立後は毎年9月23日の秋分の日に会場が人で埋まるほど盛大に
慰霊祭を開催してきた。全国から集まった参加者は、高齢化に伴い
年々少なくなり、慰霊祭は取りやめとなった。

それからは細々と8月15日の清掃と、9月23日にわずかな方々がお参り
に来るだけとなった。

昨年の8月15日には、91歳の義勇隊の方と90歳の開拓団の方と、50才
の残留孤児2世の方と私の4人で清掃をした。
私の身内に開拓団関係者はいないが、今年も清掃はやるつもりだ。


この場所は旧陸軍墓地で、昭和27年に国から県に譲られた。
毎年4月には県主催で300人が出席する<山形県戦没者墓地「千歳山
霊苑」拝礼式>を実施している。
参列者は中央の大きな「靖霊塔」に礼拝するのだろう。

墓地の片隅にある「拓魂碑」にはだれも目を向けることはない。
「拓魂碑」は国家の犠牲になった民の記録碑である。同じ戦争の犠牲者と
なった兵士と民の弔いの差を見る思いだ。


山形県は長野県に次いで全国2位の満州開拓団を送り出した県である。
長野県では県民あげて犠牲者を弔い、「満蒙開拓平和祈念館」を建設し
て、歴史を語り継いでいる。

この差は何だろう。

「拓魂碑」は山形県の民の歴史遺産である。
国の政策で満州開拓に送り出された開拓民の悲惨な末路は涙なしでは
語れない。

帰国を果たしても胸の中にしまい込んで逝った人は数知れない。
さぞかし無念だったろう。

県民の一人として大事に語り継いでいきたい。







山形不登校指南<7>

朝の光



  高校選択は本人ファーストがベスト②



本人ファーストとは本人が最優先になる環境です。
本人が判断できる情報を集め、親子で話し合って決めていきます。
最終的に本人が選択できればとてもいい家庭環境になります。

子どもは一気に元気が回復するでしょう。

今は、30年前の親の子ども時代、50年前の祖父母の時代とはか
なり時代が違います。

祖父母にとってみれば、もはや今は昔見たアメリカ映画の世界です。
その時代感覚で、ものの考え方や世の中を語られたら、子どもはどう
にもならないのです。


子どもの能力を冷静に見てみましょう。人にやさしい、感覚が繊細だ、
とことん物事にこだわる、自分の意見をまっすぐいう。こんなまっとうな
子どもたちが不登校になっています。

子どものどこが悪いというのでしょうか。

子どもたちは音楽に秀でて、絵画や漫画イラストが得意です。一日
中やっていても飽きません。モノ作りの得意な子が多いです。繊細な
折り紙やプラモデルをもとに自分なり工夫を加えている子もいます
。高齢者や小さな子どもに温かく接することができる子がいます。

こんな子どもたちが不登校になっています。
子どもの何が悪いというのでしょうか。

このような子どもたちが持っている才能が破壊され、学校の勉強成績
だけを心配している家庭がどれほど多いことでしょう。


子どもがこれから生きていくのに必要なものとはなにか。子どもと
じっくり向き合って考えてほしいです。
その先の先に高校選択があればいいのです。

子どものいいところを伸ばしたいものです。しっかり目の前の子どもの
現実を見据えれば、その答えは子ども自身の中にあることがわかります。

特に各地方の名門校を出た親に伝えたいです。子どもをこれ以上
苦しめないでほしい。親以上に生きる時間が長い子どもたちです。


子どもには自分の能力を高め、自分らしい生き方ができるように
応援してほしいものです。せめてもの私の願いです。

子どもを本気で守る親なら、親の意識はすぐに変えられます。









山形不登校指南<6>

群像



 高校選択は本人ファーストがベスト①



不登校生徒の夏も終わりを迎え、不安は増大します。
高校進学についていえば、必ず高校には行けるのです。


夏の中体連も終わり、家庭や学校では進学の熱がいよいよヒート
アップしてきますが、山形中3の子どもたちはいたってのんきです。

残り少ない夏を惜しむかのように友と遊びに励んでいます。
これが普通の当たり前の姿でしょう。


次のステップは高校選択の問題です。

山形県内には、戦前からの旧制中学校、高等女学校の流れがあり
序列化されています。各地方には名門といわれる高校が1校~数校
あります。その中でもこの村山地方はたいへんな高校受験激戦区だ。

受験した生徒にとって、合格と不合格の差は歴然としていて、
その後の人生に影響することを知ってます。

公立高不合格だった生徒はいいます。高校差別がはっきりしていて、
こんな山形には住みたくないと。
その心の傷は一生消えないと。

その通りかもしれません。
山形を離れた優秀な若者を多く知っています。

大学進学で都会に出ると山形には戻って来ません。
これは山形県のとんでもなく大きい損失です。


横道にそれてしまいましたが、これが大人社会の常識となって今に
至っています。これは山形に限ったことではありません。

このようなもろもろの世間の空気を感じながら受験校を決めるのですが、
不登校の子には能力があるので、自己実現のためにいずれ専門学校や、
大学・や専門職大学まで進んでもらいたいものです。

もうここまで来たら、先の先を見通して、高校を選んでほしいと思います。
                                  
                                        (つづく)






学校火災の犯人





世界中の猛暑が伝えられている。
外国の山火事映像では、けた違いの規模の大きさから炎の熱波が伝わってくる。
崩れ落ちる家屋から必死で避難する人々の表情は悲愴だ。

火災に遭った学校に勤務したことがある。

戦前のことである。火災の顛末が記録として残っていた。
犯人は地域の青年であった。母校に火をつけたのである。
私は放火という犯罪を憎むが、その青年の思いに心が寄せられる。


村には三つの小学校があった。
いずれも校舎は古くどこから改築するか村議会は紛糾していた。
一つを改築すると残りの2校は10年以上待たなければならない。
どの地域でも譲るわけにはいかなかった。

当時の警察の記録によると、警察は慰留証拠の乗り捨てられていた自転車の
持ち主を探すために学区内を一戸一戸個別に訪問していた。最初から学区内
に犯人がいるとにらんでいた。その中でいろんな噂を耳にしている。

特に青年たちの集まりで、学校改築についてどうすれば
早く自分たちの学校が新しくなるか、頻繁に話し合いを持っていた。
ある部落の会合では、「学校に火をつければ新しい学校が立つのではないか。」
冗談交じりの話もあったようだ。当然その会合にいた青年たちは警察の事情聴取
を受けた。

その部落では以前から不審火があり、当初から不審マークされていた。
その部落に犯人がいると村全体で思っている節があった。
その後だいぶ経ってから犯人は捕まった。学区内の村会議員の息子であった。


現在の長老たちは子ども時代の出来事なので真相はよくわからない。
長老と学校の火事の話をしたときに、私の部落のものがやったのですという。
私は、「犯人はあなたの部落の方ではありません。間違った伝え方をしていたら
直した方がいいでしょう。部落の名誉のためです。」といった。

その長老の笑顔が忘れられない。






山形不登校指南<5>

夏の元気



  学校を休んでいても
   高校に入れるから心配無用だ


中学2年、中学3年の不登校は、夏休み前後から増加します。
理由はよくわかりません。一人一人に必ず理由があることだけは確かです。

中学3年は4月から進学の話やら、進路の話が具体性を帯びてきます。
テストだ、内申書だ、昨年の入試内容など今まであまり気にも留めて
いなかったことが身近に感じてきます。

今まで進路は他人事のように聞いていたことが、あなたはどうするのと
迫られます。不登校の身にとっては最もつらい季節になります。

高校に入ると言ったり、高校には絶対行かないなど本人の口から
出始めます。親はこれからどうなっていくのかと悩みに悩みます。
先が見えない不安は、親も子も同じです。


高校進学は学校に行くことと切り離して考えるようにするとわかり
やすくなります。二つのことが絡まった話になると、お互い訳が分か
らなくなり、ぶつかり合う親子の感情だけが際立ってきます。

中学校に行く行かないは、中学校を卒業すれば終わります。
しかし、高校進学はこれからのことです。

これからのことを優先して考えることも一つの方法です。
なぜなら、高校進学は希望になるからです。

希望が見いだせない中学校よりは、希望のある高校進学に目を向
けることは決して悪いことではありません。
むしろ精神状態は安定するでしょう。


子どもの可能性を信じて伸ばす中学校、校長、担任なら、不登校以前に
ある程度の成績があれば県立高校受験を支持するかもしれません。
これは子どもの希望になります。不登校が入れるのは私立学校だけでは
ありません。

この背景には親がこだわる県立・私立問題があります。これは親負担に
差があるからです。負担が同じになるように税金を公平に投入すべき
問題です。不登校になったら、現状の中で希望が見いだせる方に進ま
せたいものです。

もし、これから中学校には行かないで、高校進学を中心に考えていく人
がいれば、一言いっておきます。高校進学に備え、毎日通える体力と誰
とでも話せるトレーニングをすることです。
これはまさに自分の力でやることで、誰の責任でもありません。


不登校になっても高校には入れます。大丈夫です。
学校を休むと高校に入れなくなるという子どもへのおどしは、
ぜひやめていただきたい。






日本家屋と魔法瓶 

涼



この時期、日本家屋の大邸宅に伺うととにかく暑い。
確かに北からの風は入ってくるし、日陰をつくる木立は青々としていて涼しげだ。
しかし、建物全体を覆う太陽の光と熱はじわりじわりと家屋を高温にしていく。

ほどほどの家では、人は目に入る情報から感覚温度を低くすることができるので
あらゆる工夫がなされる。我が家も例外ではない。

日本家屋には、すだれ、よしず、若竹の揺らぎ、水槽の金魚、朝顔、庭の緑陰などなど。
すばらしいツール(道具)がそろっている。
しかし、大邸宅やほどほどの家では夏はエアコンにかなわない。


山間部の高齢者の方々と世間話をしたことがある。
「この頃の新しい家は入りにくいね。玄関のピンポンを押して重いドアを開ける。
今までなら玄関で大きな声を出せば、誰かが出てくる。新しい家には遊びに
行きにくくなったよね。」
こんな話題になったので、私は縁側の話をした。

農家の縁側は便利だ。家の内と外の間に位置する。
外から訪れた人は、家に上がらないで縁側に腰を掛ける。
家の人は家の中から外に出ないでお茶出しができる。
あまり用事のない時の一服、高齢者の時間にはにとても便利だ。

今建てられている核家族住宅の構造は、できるだけ窓(開口部)を小さくして、断熱高気密
になっている。まさに魔法瓶だ。冬は暖かく、夏は涼しいと理想を謳っているが、夏に窓を
すべて開けている新築の家がある。本当のところはどうなんだ。


日本住宅はどんどん密室化の方向に進んでいるように見える。
日本人の気質(人とあまり深くかかわらない国民性:私見)にあっているのかもしれない。
子どもの虐待、DV(ドメスティック・バイオレンス)は、こんな空間で起きている。



プロフィール

寺子屋太郎

Author:寺子屋太郎
山形県在住
教員退職後、不登校の相談活動のほか講演活動などをしています。
お気軽にご相談ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント