FC2ブログ

山形不登校指南<35>

L1040246.jpg



   子どもが学校に行く理由



親から言われるから学校に行くのですね。
そうかもしれません。
子どもが学校に行くのはそれだけではありませんよ。


大勢の子どもたちが学校に登校します。
朝、こどもたちの笑顔に出会うと一日がなんか楽しくなります。

子どもの笑顔は周囲を明るくします。

どうして子どもはあんなに元気に学校に行くのだろうと、
疑問に思ったことはありませんか。

ほとんどの子どもは6歳になると小学校に入ります。
親も疑わないし、本人も保育園や幼稚園で教えられ、
当然のように小学校に入学して学校に登校します。

子どもたちが学校に行くのは、力(登校要素)が働いているからです。


①子ども本人の意志の力(行く気持ち)

②家庭が子どもの背中を押す力(家庭の期待感)

③学校が子どもを引き付ける力(楽しさ)


子どもを取り巻く、この三つのバランスがよく働き、
元気よく学校に行くのです。

ですから、学校に行くことをしぶり、学校に行けなくなった時、
この三つの要因で、きちんと子どもを見ることが必要です。

もう一度子どもをしっかり見つめてみませんか。
子どものバランスがどこかで崩れていませんか。


私は子どもたちが学校に行くメカニズムから、
不登校回復(脱出)の取組みを考案しました。

このことによって不登校解決には道筋があることがわかりました。

三つの要因に目を向け、不登校の親のみなさんと共に努力し、
たくさんのいい結果を出しました。















スポンサーサイト

山形不登校指南<34>

L1040251.jpg



     不登校はチャンスです


不登校で半年以上かたまった状態になっている保護者の皆さんへ。
一時期の混乱がなくなり安定した状態の皆さんへ

これまで不登校の子どもとつき合い、疲れ果てていることと思います。
このピンチから早く脱する方法はないかと思いめぐらしていることでしょう。


なぜ自分の子どもが不登校なのか、これからどうなるのか、学校に行かないのか、
わからないことばかりで途方にくれます。
これはほとんどの親が経験しています。

時間がたつと、不登校に関するいろんなことがわかってきます。


でも子どもが家にいる状態を受け入れるには相当の時間が必要です。
では、少し見方を変えてみたいとおもいませんか。

不登校のピンチをチャンスに変えられるならば、
親はどんなに心がかるくなるでしょう。


不登校の親に、どんなチャンスが生まれているか列記してみます。


  @子どもを知るチャンス

  @学校と親しくなるチャンス

  @通っている学校のしくみを知るチャンス

  @不登校を持つ親となかよくなるチャンス

  @家庭内を見なおすチャンス

  @子育ての考え方を見なおすチャンス


このように不登校を通して、知ること、つながること、やれることがあります。
親としてぐんと視野が広がります。


せっかくのこのチャンスです。
ぜひ、発想の転換で、新しい道をひらいてみませんか。












認知症のおどろき





   認知症は赤ちゃんに帰ること


意外なことがわかりました。
人間というのは、どこかでつながっているということです。

 
  第1ステップ 「戸惑い・否定」
 
  第2ステップ 「混乱、怒り、拒絶」

  第3ステップ 「割り切り」

  第4ステップ 「受容」  

これは不登校の家族の動きとうり二つです。

認知症介護家族の気持ちを理解しましょうという説明がありました。

「物忘れと認知症はちがいます。」
「今朝どんな食事をしたか忘れたのは物忘れで、
今朝食事をしたかどうかわからないのが認知症です。」

豪快で明快な説明をケアマネージャーという人が説明してくれました。
最近、地区で開かれた認知症サポーター養成講座の一コマです。


参加者15名で男性は2名でした。
いずれ時がくればみんなそれに近い形になるだろうと思い参加してみました。

もし自分が認知症になったら世に中からどんな面倒を見てもらうのか、
興味があったのです。(偏見や扱われ方も)

もう一つの要因は、教員上りはボケになるという根拠が聞けるかどうか、
これにも関心がありました。


一通りの説明を聞いていたら、
人はピークを過ぎると老いを迎え、最後にはわからなくなって死に至る、
これは赤ちゃんに帰っていくことだと感じました。

私には生まれてきたときの記憶はありません。
死に至る記憶もなくなるでしょう。


まさに、人は赤ちゃん帰りをする状態が認知症でした。


















山形不登校指南<33>

L1040267.jpg



    不登校の家庭内三態



不登校を持つ保護者の皆さん。
家にいる子どもの扱いに困っていませんか。

子どもは愛玩動物ではありません。
食事を与えればいいのではと思う方は皆無です。

子どもはどんな状態にあろうとも立派な人間です。
人としての尊厳もあります。


子どもの家での様子には、次の3様があります

 
 1.反発して部屋から出てこない。

 2.家では混乱もなく普通に生活している。

 3.外出ができる。


大きく分けるとこのようになります。

それぞれに細かい点がありますが、だいたいこのようになります。

時間がたつにつれて、このような流れが一般的です。

子どもの心の安定が、大きく影響しています


一つ目の部屋の閉じこもりは、家族からの攻撃を避けている状態です。

二つ目の普通に生活しているのは、次のステップの準備を、
始めているところです。

三つ目の外出できることは、周囲にようやく目が届くようになり、
自分を変えたいと思うようになってきてます。


無理なかかわり方をすると、これまでの流れをさかのぼります。

それぞれの態様には、それぞれかかわり方があるのです。














山形不登校指南<32>





     勉強はとりかえせます



不登校になって最も心配なことは、
学校の勉強がわからなくなるのではないかということです。

子どもが学校に行ってないのですから、当然学校の勉強は遅れます。
学校は勉強を教えるところなので親は心配になります。

学校は計画に沿って、勉強や行事をやっていきます。
毎日の学習でも家庭学習用にプリントが渡されます。

一週間もたてば学習プリントで山のようになるでしょう。
目の前の現実にがっかりします。イライラもします。

同じクラスのママ友あたりから学習の様子を聞くと絶望的になります。
その結果、どうしても学校に行かない子どもに強く当たったりします。
親の本心としてはこの勉強のことが一番心配です。

でも、よく考えてください。
いろいろな教科はありますが、積み上げていく勉強はそれほど多くはありません。
一番はっきりしているのは、算数・数学です。
これはやり方が分からないとまえに進めなくなります。

そのほかの教科は、どこから入っていっても勉強に参加していれば、
おくれていてもなんとかなるものです。

学校では毎日出席していても、しっかり教師の話を聞いても、
理解できなくて苦戦している子がたくさんいます。
学校に出席していることよりも、わかること、できることが重要です。

私は勉強をとりかえした子どもにたくさん出会っています。
不登校を脱出した子どもたちの勉強の話や、
その後の努力は目を見張ります。


  勉強はとりかえせます


勉強への不安は子どもが一番知ってます。

今不登校になっている子どもにとって優先すること。
それは心にわだかまる不安や不満、恐怖を解消することです。
学校の勉強より、ずっとずっと優先させなければなりません。

勉強は心の準備が整えば、いつからでもできます。
その時は自分の能力を存分に発揮するでしょう。

目の前にいる子どもをしっかり見守ってください。


















プロフィール

寺子屋太郎

Author:寺子屋太郎
山形県在住
教員退職後、不登校の相談活動のほか講演活動などをしています。
お気軽にご相談ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事