FC2ブログ

山形不登校指南<91>

L1040711.jpg


  小学校学級担任制はおかしくありませんか


前回の記事で小学校担任が子どもの生活を知っていることを書きました。
これには補足が必要です。
小学校担任は中学担任に比較して、子どもを知る機会が多いということです。

小中学校の教師は個人差が大きいといわなければなりません。
知識の部分では大差は感じませんが、人間性ではかなりの差が見られます。

4月の新学期の新担任の保護者による値踏みは当然のことです。
保護者たちははっきりと当たりはずれを明言します。

不登校で担任と会話が多くなっている方は、教師をしっかり見てください。
完璧な教師はいないですが、子どもに寄り添える教師とそうでない方がいます。

小学校の学級担任制(制度)はもう時代に合いません。
1人の教師が30人近くの子どもを見ることはもう不可能です。

子ども一人一人にあった教育が本当にできるでしょうか。
小学校教育担任一人でもできるというのは幻想にすぎません。

学校は子どもが学ぶところです。
10人いれば10人の学び方があります。
 
わからない子は、どこがわからないかわからない。
わかるまで教え、わかるまで学ぶ時間は学校にないのだろうか。

おおぜいの子どもを前にして机にきちんと座らせて教えることが、
学校の勉強であるという学校の姿は、もう賞味期限切れでしょう。

そこからはみ出す子どもは、何か障害のある子ではないかと疑う学校。
教師の教え方、学びたい子どもを抑えて教えることに専念する教師。
どれくらいの教師が自分の教え方を問題視してるでしょうか。

子どもたちはいろんな人の力を借りて成長します。
親、教師、友だち、地域の人、いろんなところで出会う人。
子どもにとって体験することはすべてが勉強になります。

学校はその役割を担っています。
学校は親や地域にもっともっと公開しなけれrばなりません。
敷居を低くしてみんなが立ち寄れる学校にする必要があります。

これからも不登校をなくす取り組みをする学校を応援したいと考えています。
保護者と学校と地域が手を結んで教育しなければ効果がありません。
不登校がいなくなる学校は、子ども一人一人に居場所がある学校です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@
子どもが生き生きできる学校がありました。
大阪・「大空小学校」です。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

寺子屋太郎

Author:寺子屋太郎
山形県在住
教員退職後、不登校の相談活動のほか講演活動などをしています。
お気軽にご相談ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント