FC2ブログ

山形不登校指南<10>





   中学卒業したら相談場所はない



現在、不登校になってから小中学校とトラブルになっている保護者は
少なくないと思われます。

学校には山ほど言いたいことがある。
学校のいじめで不登校になったのは学校の責任だ。
担任を変えてほしい。
などの保護者の声が今もあちこちから聞こえそうです。

学校という相手があって、申し入れがあればきちんというべきです。
それで不登校解消につながれば最高です。
特に、義務教育では小中学校は子どもを指導する責任がありますので、
保護者からの申し入れには聞く耳を持っています。


しかし、それは中学校までと考えていた方がいいでしょう。
中学を卒業すると、もうどこにも相談がなくなります。
いくら言いたいことがあっても、その申し出を受け止める機関がなく
なるのです。

このことに早く気づいてもらいたいです。
いくら学校を恨んでも、どうしようもなくなるのが目に見えています。

中学とは有限の時間の付き合いです。
学校の都合で終わりになります。(制度上3年在籍すれば卒業)
子どもの都合が入る余地はありません。

不登校の子どもは、中学校卒業後も手助けが必要です。
卒業後も子どもの支援を受けられる、相談者や支援団体を探しておくのも
無駄ではありません。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

寺子屋太郎

Author:寺子屋太郎
山形県在住
教員退職後、不登校の相談活動のほか講演活動などをしています。
お気軽にご相談ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント