FC2ブログ

山形不登校指南<11>

秋の前風



   休み明け登校しぶり、休みの中にあり



長期休みが明けるとあちらこちらから登校しぶりの声が聞こえます。
始業式当日の学校欠席者はかなりの数です。
全校生が全員そろって始められる学校は、奇跡に近くいい学校です。

テレビでは学校を待ちわびた子どものうれしそうな声を映し出しています。
初日に学校を休んだ子は、そんなテレビは見たくはありません。


始業式当日、学校を休む子の様子とその見立てをしてみましょう。

 ①海外旅行をして帰国できなかった子(仕方がありません)
 
 ②前学期から不登校だった子(仕方がありません)      

 ③宿題が終わらなかった子(本人や親の根気不足です)
 
 ④家が居心地がよくだらけてしまった子(家庭環境です)

 ⑤前日から休み疲れがみられ急な発熱が出た子(楽しい休みでした)

 ⑥頭痛、腹痛、気分不快などを訴える子(要注意です)


ほとんどの子は、2~3日で登校するようになるので心配はいりません。
あわてて周囲が騒ぎ立てることによって、本格的な不登校になることが
あります。


宿題ができなかった子が休むのは中学生にもいます。教師の強烈な
叱責を避けるために欠席した例があります。欠席して宿題を終了して
気持ちよく学校に行くのも、子どものいい知恵ではありませんか。

小学1年生ではよく休み明けに欠席が続くことがあります。
親が小学生最初の子であれば、経験がないので驚いてしまうでしょう。

登校しぶりが出たら、仕事を遅刻しても子どもとつき合う覚悟があれば、
解決は早いです。

親や祖父母と一緒なら、学校に行ける子が多いと思います。

親は理由を知りたくなりますが、あえて理由は聞かない方がいいでしょう。 

子どものこころは楽になりますから。  









                                  






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

寺子屋太郎

Author:寺子屋太郎
山形県在住
教員退職後、不登校の相談活動のほか講演活動などをしています。
お気軽にご相談ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント