FC2ブログ

山形不登校指南<18>

たかいたかい



     昇降口は鬼門?



昇降口ではこんなことがあります。


小学生の男の子がお母さんと遅れて登校してきました。
きっと家で登校をしぶったのでしょう。
お母さんはやっとの思いで学校の昇降口にたどり着きました。

そこには担任の先生が待っててくれました。
とその時、子どもはお母さんの手から離れました。

「先生おはよう」と明るい表情であいさつして、靴を脱ぎ、
教室の方に走り去りました。

お母さんはかなりのショックを受けました。
同時に、悔しい思いもしました。

「どうして・・・」
子どもの不可解な行動に、訳が分からなくなったと
話してくれました。


小学校3年生くらいまでは、このような場面が多々あります。
子どもは登校をしぶり、学校に入ると豹変するのです。

校内では何事もなかったような振る舞いをどう理解すればいいでしょう。

学校にいじめがあるわけではありません。

学校が嫌いなわけではありません。

担任がきらいでもないのです。

もちろん、お母さん、お父さんは大好きです。

子どもは今の気持ちをなかなか表現できません。
家庭の中に子どもの不安要因があって家からしぶる場合があります。

ぜひ、子どもの立場に立って、子どもの不安がなくなるように
家庭を振り返っていただきたと思います。


子どもはふたたび元気な朝を迎え、みんなと登校できるでしょう。
それまでは子どもにお付き合いください。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

寺子屋太郎

Author:寺子屋太郎
山形県在住
教員退職後、不登校の相談活動のほか講演活動などをしています。
お気軽にご相談ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント