FC2ブログ

山形不登校指南<52>

L1040409.jpg




    学校は出たけれど



不登校でも高校は入れます。
今はいい時代になりました。

今年も連絡がありました。
高校に入りました
大学に進みました

元不登校生徒から連絡があり、
よくがんばったものだといつも喜んでいます。
生徒1人1人希望に満ちた顔が浮かびます。

しかし、大学をやめました
もう高校には行けません
という話も入ってきます。

進学した学校をやめるまでには相当の葛藤があったことでしょう。
心が折れたのにはきっと理由があったはずです。


私は不登校状態をを安易に認めているわけではありません。
本人の不登校の持つ教育的な意味を問い続けています。
本人にとってプラスになる面があると信じているからです。

その子の成長に合う教育の問題です。

ですから学校に行ければいいとか、
高校に入学できればいいとか、
大学に入ればすばらしいと安直に考えることには賛成できません。


子どもはいずれ独り立ちしていきます。。
進学することのみの目標では見失うことが見られます。


不登校に戻らないことを念頭においています。

進学すれば待ち受けていること。


〇毎日の通学する。(体力)

〇毎日同じような生活のくりかえし。(忍耐力)
 @起きること、寝ること、食べること、
   趣味をすること、遊ぶこと、家庭学習。

〇家族や学校の人間とのかかわり。(関係力)



これが次へ進むステップの準備です。
これをおろそかにはできません

学校に行かなくても、このような準備の心があれば、
次の段階に行ったときに困ることがありません。

この準備は、
本人の成長につながっているからです。













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

寺子屋太郎

Author:寺子屋太郎
山形県在住
教員退職後、不登校の相談活動のほか講演活動などをしています。
お気軽にご相談ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント